だんごや


by aqm2abx6nu

6カ国協議再開へ協力=外相と米特別代表が確認(時事通信)

 岡田克也外相は26日午後、外務省で米国の北朝鮮政策担当のボズワース特別代表と会談した。北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議について、外相は「日米の立場は共通している。韓国も交えた3カ国で協議の早期再開に向けて協力していきたい」と述べ、ボズワース氏も同調した。
 両氏は北朝鮮が6カ国協議復帰の条件として、国連安全保障理事会決議に基づく制裁の解除を求めていることに対し、「まだ乗り越えなければいけないプロセスがある」として、無条件復帰が前提との認識で一致。ボズワース氏は外相に、同協議議長国である中国の武大偉朝鮮半島問題特別代表との会談内容を説明した。 

民主党の民主化は進むか(産経新聞)
宮城、福島で震度3(時事通信)
段階的捕鯨廃止を提案へ=豪外相、岡田氏に表明(時事通信)
【自民党「苦悩」の現場】業界の支持団体 一枚岩 下野で変化(産経新聞)
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待−名古屋大(時事通信)
[PR]
by aqm2abx6nu | 2010-02-26 21:43